アジアの高級ホテルマンダリンオリエンタルバンコクへサービスを受けに行くの巻

2018年12月の年の瀬、飲食店は一年で一番の繁忙期。

そんな中でも、私は、サービスマンとして、外から見る日本のよさ、外から見る日本のホスピタリティを改めて知りたい、感じたい。

そのためには、海外のホスピタリティを実際に感じたい、体感したい。

そう思い立ち、

アジアを代表するホテル、タイのマンダリンオリエンタルバンコクのサービスを受けにバンコクへ、1泊2日で飛ぶ事を決めた年末。そう、目的は、アジアで必ずベスト10に入る最高ホテルのサービスを受けに。これだけの為に。

私の店の休みは月曜とたまに火曜休みがあるのみ。

そして、2018年最後の休み、ここしかない。どうしても行きたい、見たい、感じたいが揃い、

Now or Never!!

基本思い立ったら吉日派なので、この2連休を使ってバンコクに行くと決めたわけです。

当日、日曜の夜の営業を終えて、そのまま羽田空港へ。真冬の日本から常夏のタイ、バンコクへ。それもその日の夜は、摂氏1度の激寒。ダウンジャケットを羽織ってブルブル震えながらバンコクに向かいました。

今思うと、私、気力、体力的にもよくここまで弾丸で行けたなぁ~としみじみと回想。

そのまま、無事にバンコクへ到着。

チャオプラヤ川を船で渡り、無事目的のマンダリンオリエンタルバンコクに到着できました。

アーリーチェックインが可能ならと頼んでたのですが、難しいかもしれないと言われてたので、荷物だけ置こうと思って、チェックインに行くと、笑顔で既にお部屋ご用意できてますと!!ラッキー(≧▽≦)

そして、フロントで生花で作った腕輪?を手首にかけてもらい、部屋のご案内へ。

この生花の腕輪の香りが本当にいい香りで、部屋を案内していただいてる最中でも、スタッフにねぇこの香り、ホントいい香り~いや~ホントいい香りねと腕輪の香りを嗅ぎながら連呼してました(笑)

お部屋には、朝食として、色々なパンとお菓子と色々なフルーツ盛りや、フレッシュフルーツジュースなど用意してくれてて、

その横に、きれいな洋蘭の一種かな?ピンクのお花も添えてありました。

思わず素敵っ!と心遣いに感動。

マンダリンオリエンタルバンコクは、部屋の中もそうですが、生花が色んなところに飾られてて、花好きの私は、ほんとに癒されます。

そして、午前中は、少し観光をしにまた船に乗ってワットポーへ。

なんだかとても神聖な場所、神聖な空気。勿論観光客はかなりの数ですが、特に大寝釈迦仏様を一目見て、一瞬で感極まり

はぁ~私ここに来るべきだったんだ、ここまで無事に来させてくれてありがとうございます。としみじみと感謝の気持ちを伝え、ご挨拶をしました。

そしてワットポー観光の帰りに事件が!!

ワットポー前に止まってるタクシーに乗ったのですが、これがメーターのない、いわゆるぼったくりタクシーだったのです・・・

行きたい場所まで伝えて走り出したものの、メーターもないので、ここまでいくら?と聞いたら1万円と。やばい、あり得ない。タクシーで10分程度のところ、こいつ1万って言ってる。やばい・・ぼられる。その金額は高い、それおかしいと言っても通じない。

携帯に何かしゃべって日本語に変換してきてる言葉もよくわからない。唯一、この車安かった、そんなこと知ったこっちゃない!!これはまずい。下ろして今すぐ!!と言ってもタクシーは止まらない。携帯でググると、ワットポー前タクシーぼったくりだらけと・・・まんまと引っかかった私・・・(;’∀’)

ずっと下ろしてを連呼してたら、ようやく5分くらいして、止まって、金額聞いたら6000円って。もう、なんか怖いから払って立ち去りました。

情報を知らな過ぎたな・・・まぁ大事件に巻き込まれなくてまだよかったけど。

のち、無事にホテルまで帰れたので、ひとまず安心。

そして、そんなぼったくりの事件も忘れるぐらいの、アジア一番とも言われるマンダリンオリエンタルバンコクのエステを体験。

今までも、何度かエステを受けてきましたが、いや~これは、今までの人生の中で、一番最高のエステ。

完全プライベートの私だけのオシャレな部屋(シャワー付き)、雰囲気、アロマオイルの癒しの香り、そして施術のまぁ上手な事、

すべて極上でした。

あまりにも、施術が上手で、素晴らしくて、私の担当のスタッフさんに、あなたの技術、ほんとに素晴らしいわ、今までで一番よ!と感動を伝えました。

エステ後もエステ内にあるカフェスペースでのんびり癒され、これぞ至極のひとときを過ごすことができました。

そして、夜は、ホテル内のレストランで、タイの伝統舞踊を見ながらのディナー。

トムヤンクンやタイカレー色々出てきましたが、さすがに大食いの私でも量が多かった。

そして、あっという間にバンコク滞在も終わり、チェックアウトの際、フロントの方に、タクシーぼったくり事件の話をしてたら、コンシェルジュや別のスタッフも来て、

それぞれにまた同じ話をしてたら、みんな

とても悲しい顔でsorry…sorry….と手を合わせられて ….

はっ!最後の去り際これじゃいかん!と思い、

「でも、ここでの滞在は本当に素晴らしいもので、私、とても有意義に幸せに過ごせました!」と笑顔で。

そして、勿論高級ホテルなので、ホテルの前にはタクシーが沢山並んでるのですが、私は「もうタクシーにぼったくられたくないから、また裏の船に乗って駅まで行って、空港行くね!」と告げると、スタッフ達が、「えっ!!もう日本へ帰るの??バンコク1泊だけ??」と驚いた様子。

私「Yes!!!私の今回の目的は、ここマンダリンオリエンタルバンコクのサービスを受けることだったから」

と、私は踵を返し、みんなありがとう!と伝え、颯爽とトランクをカラカラ引きずりながら、船乗り場に向かいました笑。

そんなこんなで、無事に日本に到着。

今回、マンダリンオリエンタルバンコクでの滞在では、私はお客様側。

いつ、どこへ行っても、笑顔でHello,Madam~

Good evening,Madam~とゆっくりと手を合わせていただき、

何かあたたかみを感じました。

日々サービスマンとしてバタバタと現場で働いている私、

お客様にあたたかい心でおもてなしできているのか、

色々と自分のサービスについて、自省するいいきっかけになりました。

このバンコクへの旅から、サービスマンとしての第二ステージが

始まったそんな感じを覚えてます。まだ何もつかめてないですが笑。

でも、本当に心から行ってよかったなと思える

マンダリンオリエンタルバンコク滞在記でした。

サービスマンとして第二ステージの始まり

令和元年、2019年5月10日、ついにブログを始めました。

平成の時代まで、自分がブログを書くなんて、全く思いもしませんでした。そんな私が、なぜブログを書こうと思ったか。

私は、美味しい物を食べるのが大好きで、かつ、食を通じて色々なお客様とお話しできること、そして自分のサービスでお客様が喜んで頂ける事がとても嬉しく、楽しく、この飲食業界に携わって16年です。

大学での就職活動中も、毎日やる仕事なら自分も、お客様も楽しくなる仕事がよいと思い、この道に進んだのですが、

ここまで来るのにも、そして、こういうふうに思えるまでにも、

本当に色々あったなぁ~としみじみと回想。

なぜかというと、私の仕事は「サービスマン」

知人:「雅美ちゃん、仕事何してるの?」

私:「レストランでサービスやってます」

知人:「えっ!!??大学まで出て、お運びさん?もったいなっ」

私:「食を通じて色んなお客様とお話しできますし、私のサービスで喜んでいただけるのが、とても嬉しく、楽しくて、いつか自分のサービスで何か事業したいなと思ってて」

知人:「サービス??サービスで何やるの?何やれるの?サービスマンで何ができるの?何サービスって」の連呼。

私の仕事=サービスマン=お運びさんとしか、私の田舎の知人達は思えないようです。

そもそも一般的な職種、医者、公務員、税理士、薬剤師などはカテゴリーがありますが、サービスマンという職種はカテゴリーがないので、アルバイトでもできるお運びさんと思われるこの悔しさ。

悔しい事を散々言われながらも、

私自身は、サービスマンという職業は、ホスピタリティの心がないとできない仕事、

そして、目配り、気配り、心配りのプロフェッショナルそう思ってます。

でも、飲食業でのサービスマンって世界に比べて、日本では低くみられる事を多く感じます。それでも、16年サービスマンを続けながら、長年思っている事。

私、サービスマンの地位を向上させたい。特に女性サービスマンの地位が向上できる何か、新しいカテゴリー作りたい!

そして、世の中に自分のサービスで貢献したい!!と。

でも、その長年の思いは、いまだカタチになってないので、人にもうまく伝わらない。サービスで何ができるの??と言われても、うまく答えられない。

そんな長年の思いをブログに書くという事で、徐々に明確化していき、そのはっきり見つけられてない何かが、カタチになるのでは!!と思いブログを書く事を始めました。

そのまだカタチにできてない何かを見つけて、進んでいく過程、ストーリーをこれから綴っていこうと思います。

さぁ、雑草のような田舎出身の私が、どう世の中に貢献できるか!!

どんな事が見つけられるか!!第二ステージの自分探しの旅、今から始めてみようと思います!

Now or Never!!(林先生的に、いつやるの?今でしょ私の好きな言葉の一つ笑。)

ドキドキ、ワクワクしながら、

step by step 一歩づつ、世の中に貢献できること、見つけていきます

(⋈◍>◡<◍)。✧♡