女性サービスマンのゾッとした話の巻

お気に入りのイタリアワイン達。もう全部同じヴィンテージはないので記念にパシャリ

サービスマンとして日々バタバタと現場で働いてる中、

どうしても、自分の中で想定してない、プロとして想定しなきゃいけないのに(;’∀’)

ゾッとする事が起きるんです。やらかしてしまったという事ですが(;’∀’)

でも、そのゾッとする事件、なぜか超ギリギリで助かるんです。

助けてもらえるんです。

忘れもしない、そう、あれは満席の夜だった。

大阪からお見えの方々6~7名様、

ご親戚の方々とも久々の再会のようで、 法事か何かの帰り、うちでお食事していただけ、お酒もお料理も沢山召し上がりながら、和やかにお過ごしいただけてました。

会計の際、ご主人様が、大阪ご出身のこれまた面白い方で、お会計しながらも、

おもしろおかしく、楽しくお話しさせていただき、無事お会計も終わり、お見送り。

「皆様、では、大阪まで無事にお気をつけてお帰りくださいませ」と笑顔でお見送りさせていただきました。

その日、お店は満席、バタバタと30~40分程して、なぜかふっと振り返り、レジを見ると、

クレジットカードがささったまま・・・まさか!!!

ゾゾゾゾゾっえーーーっ!!!!!

急いで先程の大阪のお客様の電話番号を探しながら、

やばい、大阪まで帰るっておっしゃってた、既に30分以上経過、

えっこれカード郵送しなきゃいけない??それできるの?郵便局?書留??どうやって?どこかの駅まで届けに行ける?でも、今満席、アルバイトいない、行けない!!やばい!お願い電話に出てお願い!!!!と心底祈り

電話を鳴らしてみると、はいっ〇〇です。

〇〇様!!先程の店の者です!!!!!申し訳ございません!!!お客様!!今どちらにいらっしゃいますか!!!!?

なんと、まだ、うちの店のある駅に。久々に親戚と会ったから、話が弾んで駅でまだ立ち話しちゃってて、たった今電車に乗ろうとしたら電話が鳴ってと。

私それ聞いて泣きそうになるぐらい嬉しくて。

ご主人様、私、クレジットカードお返しするの忘れてしまいまして。今すぐ駅に行きます!!改札までいらっしゃっていただけますか!!!??

もう、ここからは、満席の店内すべてを放り投げ、シェフにも伝えず、店を飛び出し、

無事にお客様にクレジットカードを渡せたのです。

奇跡笑。まだ駅にいらした。

また一目散に店に帰りましが、ほんとこれゾッとした、そして、助かった~危機一髪

~( ´Д`)=3 フゥ~

そして、新たな次の章

そう、あれは、寒い寒い夜の営業の日でした。

うちの店は、古い建物なので、夏は激熱、冬は激寒。

お客様が少しでも寒くないよう、ひざかけ、電気ヒーター、電気ストーブも置いたりしてるのですが、そのお客様のお席は、ちょうど電気ストーブが近くにあり、

椅子に軽くお上着をかけてました。ちょっとその時点で内容は想像つくはずが、その時の私は想像できてなかった・・・

また、何かの拍子にふっと店内見渡すと、薄い煙があがってる・・・

まさか!!!!

ゾゾゾゾゾっえーーーっ!!!!

急いで走ってお客様の上着を取り、ストーブを離し、まずお客様の上着をちょっと失礼します!!!!!お願い燃えてないで!!でも無理煙出てた、あーーーお願い燃えてないで!!と心底願い、

ドキドキ、バクバクしながら、お客様に事情を説明し、一緒に上着を確認。

何度も何度も一緒に、隅から隅まで上着を確認、何度も何度も、表裏ひっくり返して、隅から隅まで確認。

燃えてる箇所が見つからない。

本当に本当に大丈夫でしょうか?

そのようねとお客様。

ホッ。なぜか、煙が出てたのに、焼けてるとこが見当たらない、煙でてたのでどこか燃えてるはずですなんて言えなかったですが、どう見ても、どうひっくり返しても、どこも燃えてる箇所がない。

奇跡、助かった~これほんとギリギリ(;’∀’)

それ以来は、怖くて怖くて、かなり距離をとって電気ストーブは使用して、冬を乗り越えました。

こういうギリギリ助けていただけることが、私、ホントに多々あって、その度に、

もう亡くなっていない、爺ちゃん、祖母ちゃん、神様、仏様、守護霊様!!!と笑。

皆様また助けてくれてありがとうございます!!ホントに助けてくれてありがとう!

ホントに助かった~!!っと毎回叫んじゃいます。

あ~ホントぞっとした、もうやらかしたくないけど、まだ続くでしょう笑。

サービスマンとして第二ステージの始まり

令和元年、2019年5月10日、ついにブログを始めました。

平成の時代まで、自分がブログを書くなんて、全く思いもしませんでした。そんな私が、なぜブログを書こうと思ったか。

私は、美味しい物を食べるのが大好きで、かつ、食を通じて色々なお客様とお話しできること、そして自分のサービスでお客様が喜んで頂ける事がとても嬉しく、楽しく、この飲食業界に携わって16年です。

大学での就職活動中も、毎日やる仕事なら自分も、お客様も楽しくなる仕事がよいと思い、この道に進んだのですが、

ここまで来るのにも、そして、こういうふうに思えるまでにも、

本当に色々あったなぁ~としみじみと回想。

なぜかというと、私の仕事は「サービスマン」

知人:「雅美ちゃん、仕事何してるの?」

私:「レストランでサービスやってます」

知人:「えっ!!??大学まで出て、お運びさん?もったいなっ」

私:「食を通じて色んなお客様とお話しできますし、私のサービスで喜んでいただけるのが、とても嬉しく、楽しくて、いつか自分のサービスで何か事業したいなと思ってて」

知人:「サービス??サービスで何やるの?何やれるの?サービスマンで何ができるの?何サービスって」の連呼。

私の仕事=サービスマン=お運びさんとしか、私の田舎の知人達は思えないようです。

そもそも一般的な職種、医者、公務員、税理士、薬剤師などはカテゴリーがありますが、サービスマンという職種はカテゴリーがないので、アルバイトでもできるお運びさんと思われるこの悔しさ。

悔しい事を散々言われながらも、

私自身は、サービスマンという職業は、ホスピタリティの心がないとできない仕事、

そして、目配り、気配り、心配りのプロフェッショナルそう思ってます。

でも、飲食業でのサービスマンって世界に比べて、日本では低くみられる事を多く感じます。それでも、16年サービスマンを続けながら、長年思っている事。

私、サービスマンの地位を向上させたい。特に女性サービスマンの地位が向上できる何か、新しいカテゴリー作りたい!

そして、世の中に自分のサービスで貢献したい!!と。

でも、その長年の思いは、いまだカタチになってないので、人にもうまく伝わらない。サービスで何ができるの??と言われても、うまく答えられない。

そんな長年の思いをブログに書くという事で、徐々に明確化していき、そのはっきり見つけられてない何かが、カタチになるのでは!!と思いブログを書く事を始めました。

そのまだカタチにできてない何かを見つけて、進んでいく過程、ストーリーをこれから綴っていこうと思います。

さぁ、雑草のような田舎出身の私が、どう世の中に貢献できるか!!

どんな事が見つけられるか!!第二ステージの自分探しの旅、今から始めてみようと思います!

Now or Never!!(林先生的に、いつやるの?今でしょ私の好きな言葉の一つ笑。)

ドキドキ、ワクワクしながら、

step by step 一歩づつ、世の中に貢献できること、見つけていきます

(⋈◍>◡<◍)。✧♡