女性サービスマンのゾッとした話の巻

お気に入りのイタリアワイン達。もう全部同じヴィンテージはないので記念にパシャリ

サービスマンとして日々バタバタと現場で働いてる中、

どうしても、自分の中で想定してない、プロとして想定しなきゃいけないのに(;’∀’)

ゾッとする事が起きるんです。やらかしてしまったという事ですが(;’∀’)

でも、そのゾッとする事件、なぜか超ギリギリで助かるんです。

助けてもらえるんです。

忘れもしない、そう、あれは満席の夜だった。

大阪からお見えの方々6~7名様、

ご親戚の方々とも久々の再会のようで、 法事か何かの帰り、うちでお食事していただけ、お酒もお料理も沢山召し上がりながら、和やかにお過ごしいただけてました。

会計の際、ご主人様が、大阪ご出身のこれまた面白い方で、お会計しながらも、

おもしろおかしく、楽しくお話しさせていただき、無事お会計も終わり、お見送り。

「皆様、では、大阪まで無事にお気をつけてお帰りくださいませ」と笑顔でお見送りさせていただきました。

その日、お店は満席、バタバタと30~40分程して、なぜかふっと振り返り、レジを見ると、

クレジットカードがささったまま・・・まさか!!!

ゾゾゾゾゾっえーーーっ!!!!!

急いで先程の大阪のお客様の電話番号を探しながら、

やばい、大阪まで帰るっておっしゃってた、既に30分以上経過、

えっこれカード郵送しなきゃいけない??それできるの?郵便局?書留??どうやって?どこかの駅まで届けに行ける?でも、今満席、アルバイトいない、行けない!!やばい!お願い電話に出てお願い!!!!と心底祈り

電話を鳴らしてみると、はいっ〇〇です。

〇〇様!!先程の店の者です!!!!!申し訳ございません!!!お客様!!今どちらにいらっしゃいますか!!!!?

なんと、まだ、うちの店のある駅に。久々に親戚と会ったから、話が弾んで駅でまだ立ち話しちゃってて、たった今電車に乗ろうとしたら電話が鳴ってと。

私それ聞いて泣きそうになるぐらい嬉しくて。

ご主人様、私、クレジットカードお返しするの忘れてしまいまして。今すぐ駅に行きます!!改札までいらっしゃっていただけますか!!!??

もう、ここからは、満席の店内すべてを放り投げ、シェフにも伝えず、店を飛び出し、

無事にお客様にクレジットカードを渡せたのです。

奇跡笑。まだ駅にいらした。

また一目散に店に帰りましが、ほんとこれゾッとした、そして、助かった~危機一髪

~( ´Д`)=3 フゥ~

そして、新たな次の章

そう、あれは、寒い寒い夜の営業の日でした。

うちの店は、古い建物なので、夏は激熱、冬は激寒。

お客様が少しでも寒くないよう、ひざかけ、電気ヒーター、電気ストーブも置いたりしてるのですが、そのお客様のお席は、ちょうど電気ストーブが近くにあり、

椅子に軽くお上着をかけてました。ちょっとその時点で内容は想像つくはずが、その時の私は想像できてなかった・・・

また、何かの拍子にふっと店内見渡すと、薄い煙があがってる・・・

まさか!!!!

ゾゾゾゾゾっえーーーっ!!!!

急いで走ってお客様の上着を取り、ストーブを離し、まずお客様の上着をちょっと失礼します!!!!!お願い燃えてないで!!でも無理煙出てた、あーーーお願い燃えてないで!!と心底願い、

ドキドキ、バクバクしながら、お客様に事情を説明し、一緒に上着を確認。

何度も何度も一緒に、隅から隅まで上着を確認、何度も何度も、表裏ひっくり返して、隅から隅まで確認。

燃えてる箇所が見つからない。

本当に本当に大丈夫でしょうか?

そのようねとお客様。

ホッ。なぜか、煙が出てたのに、焼けてるとこが見当たらない、煙でてたのでどこか燃えてるはずですなんて言えなかったですが、どう見ても、どうひっくり返しても、どこも燃えてる箇所がない。

奇跡、助かった~これほんとギリギリ(;’∀’)

それ以来は、怖くて怖くて、かなり距離をとって電気ストーブは使用して、冬を乗り越えました。

こういうギリギリ助けていただけることが、私、ホントに多々あって、その度に、

もう亡くなっていない、爺ちゃん、祖母ちゃん、神様、仏様、守護霊様!!!と笑。

皆様また助けてくれてありがとうございます!!ホントに助けてくれてありがとう!

ホントに助かった~!!っと毎回叫んじゃいます。

あ~ホントぞっとした、もうやらかしたくないけど、まだ続くでしょう笑。

ソムリエール、ジェントルマン講座をやってみたの巻

飲食業でサービスマンを始めて16年。

日々色々なお客様とお会いしますが、その中でも、

「わぁ~この男性、ご主人様、めっちゃジェントルマンだなぁ~素敵だな~」と思う男性がいらっしゃいます。

そういう男性って、気遣いができ、口調も性格も優しい、勿論、サービスマンの私にも優しく穏やか、そして、女性をさりげなくエスコート、リードしてます。

こういう男性を見ると、間違いなくもてるだろうなとつくづく感じます。

そして、そういうご主人の奥様も素敵で、お子様も、たいがいよいこが多い。食べ方も綺麗、汚く残さない、そしてありがとうございます、ご馳走様でしたなど、私にちゃんと言ってくる。

そういうジェントルマンな方や、いい子にはそりゃより一層サービス良くしちゃいますね。デザート大盛にしてあげたり、いいワインわざわざ新たに開けてお出ししたり笑。

私は、レストランでそういうさりげないジェントルマンな振る舞いができる男性がもっと増えれば、世の中もっとHAPPYが増えると思ってます。

だって、女性って、レストランではやはり男性にはさりげなくエスコートしてもらいたい!と思ってる方多いですし、そのさりげないエスコートが、えっ私の事、考えて食えてる!そんな事してくれるの?普段してもらってないから、えっキュン

(⋈◍>◡<◍)。✧♡この人いいかも=トキメキとなるわけですもの。トキメキってとても大事。

レストランデートでは、男性の方は、女性のエスコートの仕方やマナー、あと、女性の特質を知る、胸キュンポイントを知る。そしてそれを、実際にさりげなく実践することで、もてる率がグッとあがります。

そこで、私のこの16年間のサービスマン人生の中で、色々な男性のお客様を見てきた視点から、

男性限定で、

「現役女性ソムリエが教えるジェントルマン講座~レストランでの素敵なエスコートの仕方とワインの豆知識~ You can became a real gentlman編」を開催してみました!!

女性ソムリエの視点から、男性限定でジェントルマン講座を開催してみました。
sdr

実際に、レストランでのマナーやワインのマナー、ワインの豆知識って、知ってて損が一つもないんです。

ホントに。むしろ知ってた方が得です、男性としても、そしてビジネスマンとしても絶対に。多少なりとも知ってると、全く知らないとでは、人としての評価も変わってきます。

今回は、女性としての目線(日々いらっしゃる女性のお客様とも男性のエスコートやマナー違反などについて色々話して盛り上がりました笑。)

エスコートについて女性がどう思っているか

サービスマンとして店側からの目線でのスマートなエスコートやマナーとは

そして、女性の特質、特徴。

ワインを飲む際のマナーやワインの豆知識など、お話しさせていただきました。

私自身も、この講座をやってみて、最後に質問がよく出たのですが、

男性はこういう事を知りたいんだと思う事がわかりましたし、

ワインについては、ワインってやっぱり難しいなと思われるうんちくを

伝えるのではなく、基本的には楽しく飲めて、

少しワインの知識を知ることによって、更により一層味わいが美味しく感じるワインの豆知識を、

どう話せばわかりやすく伝わるかなど、

色々と逆に学ばせていただいたので、相互的にも、とても有意義なジェントルマン講座となりました。

女性サービスマンの視点から男性向けジェントルマン講座を開催。
sdr

この講座にご参加の方が、私のお店のリピーターになっていただけたり、ワインを通じて色々な人と色々な話が広がる

ワインって人と人を繋ぐ飲み物なんです。(これ私の名文句)

だから、私、お酒そんなに飲めないのですが、おもてなしの武器の一つとして、

ソムリエの資格取りました。

飲めない私がよく取れたなぁ~としみじみと回想。

本当に、今は心から、食とワインを通じて色んな人とつながれるこの仕事に、誇りを持ってます。

微力ながらも、今後も世の中に素敵なジェントルマンな男性が増えていただけるよう、

ジェントルマン講座から、世の中にHappyを増やしていけるよう、

少しでも、世の中に貢献できるように、ジェントルマン講座、進化させながら、続けていこうと思います。

You can become a real gentlman!!

私この言葉好きです!!

アジアの高級ホテルマンダリンオリエンタルバンコクへサービスを受けに行くの巻

2018年12月の年の瀬、飲食店は一年で一番の繁忙期。

そんな中でも、私は、サービスマンとして、外から見る日本のよさ、外から見る日本のホスピタリティを改めて知りたい、感じたい。

そのためには、海外のホスピタリティを実際に感じたい、体感したい。

そう思い立ち、

アジアを代表するホテル、タイのマンダリンオリエンタルバンコクのサービスを受けにバンコクへ、1泊2日で飛ぶ事を決めた年末。そう、目的は、アジアで必ずベスト10に入る最高ホテルのサービスを受けに。これだけの為に。

私の店の休みは月曜とたまに火曜休みがあるのみ。

そして、2018年最後の休み、ここしかない。どうしても行きたい、見たい、感じたいが揃い、

Now or Never!!

基本思い立ったら吉日派なので、この2連休を使ってバンコクに行くと決めたわけです。

当日、日曜の夜の営業を終えて、そのまま羽田空港へ。真冬の日本から常夏のタイ、バンコクへ。それもその日の夜は、摂氏1度の激寒。ダウンジャケットを羽織ってブルブル震えながらバンコクに向かいました。

今思うと、私、気力、体力的にもよくここまで弾丸で行けたなぁ~としみじみと回想。

そのまま、無事にバンコクへ到着。

チャオプラヤ川を船で渡り、無事目的のマンダリンオリエンタルバンコクに到着できました。

アーリーチェックインが可能ならと頼んでたのですが、難しいかもしれないと言われてたので、荷物だけ置こうと思って、チェックインに行くと、笑顔で既にお部屋ご用意できてますと!!ラッキー(≧▽≦)

そして、フロントで生花で作った腕輪?を手首にかけてもらい、部屋のご案内へ。

この生花の腕輪の香りが本当にいい香りで、部屋を案内していただいてる最中でも、スタッフにねぇこの香り、ホントいい香り~いや~ホントいい香りねと腕輪の香りを嗅ぎながら連呼してました(笑)

お部屋には、朝食として、色々なパンとお菓子と色々なフルーツ盛りや、フレッシュフルーツジュースなど用意してくれてて、

その横に、きれいな洋蘭の一種かな?ピンクのお花も添えてありました。

思わず素敵っ!と心遣いに感動。

マンダリンオリエンタルバンコクは、部屋の中もそうですが、生花が色んなところに飾られてて、花好きの私は、ほんとに癒されます。

そして、午前中は、少し観光をしにまた船に乗ってワットポーへ。

なんだかとても神聖な場所、神聖な空気。勿論観光客はかなりの数ですが、特に大寝釈迦仏様を一目見て、一瞬で感極まり

はぁ~私ここに来るべきだったんだ、ここまで無事に来させてくれてありがとうございます。としみじみと感謝の気持ちを伝え、ご挨拶をしました。

そしてワットポー観光の帰りに事件が!!

ワットポー前に止まってるタクシーに乗ったのですが、これがメーターのない、いわゆるぼったくりタクシーだったのです・・・

行きたい場所まで伝えて走り出したものの、メーターもないので、ここまでいくら?と聞いたら1万円と。やばい、あり得ない。タクシーで10分程度のところ、こいつ1万って言ってる。やばい・・ぼられる。その金額は高い、それおかしいと言っても通じない。

携帯に何かしゃべって日本語に変換してきてる言葉もよくわからない。唯一、この車安かった、そんなこと知ったこっちゃない!!これはまずい。下ろして今すぐ!!と言ってもタクシーは止まらない。携帯でググると、ワットポー前タクシーぼったくりだらけと・・・まんまと引っかかった私・・・(;’∀’)

ずっと下ろしてを連呼してたら、ようやく5分くらいして、止まって、金額聞いたら6000円って。もう、なんか怖いから払って立ち去りました。

情報を知らな過ぎたな・・・まぁ大事件に巻き込まれなくてまだよかったけど。

のち、無事にホテルまで帰れたので、ひとまず安心。

そして、そんなぼったくりの事件も忘れるぐらいの、アジア一番とも言われるマンダリンオリエンタルバンコクのエステを体験。

今までも、何度かエステを受けてきましたが、いや~これは、今までの人生の中で、一番最高のエステ。

完全プライベートの私だけのオシャレな部屋(シャワー付き)、雰囲気、アロマオイルの癒しの香り、そして施術のまぁ上手な事、

すべて極上でした。

あまりにも、施術が上手で、素晴らしくて、私の担当のスタッフさんに、あなたの技術、ほんとに素晴らしいわ、今までで一番よ!と感動を伝えました。

エステ後もエステ内にあるカフェスペースでのんびり癒され、これぞ至極のひとときを過ごすことができました。

そして、夜は、ホテル内のレストランで、タイの伝統舞踊を見ながらのディナー。

トムヤンクンやタイカレー色々出てきましたが、さすがに大食いの私でも量が多かった。

そして、あっという間にバンコク滞在も終わり、チェックアウトの際、フロントの方に、タクシーぼったくり事件の話をしてたら、コンシェルジュや別のスタッフも来て、

それぞれにまた同じ話をしてたら、みんな

とても悲しい顔でsorry…sorry….と手を合わせられて ….

はっ!最後の去り際これじゃいかん!と思い、

「でも、ここでの滞在は本当に素晴らしいもので、私、とても有意義に幸せに過ごせました!」と笑顔で。

そして、勿論高級ホテルなので、ホテルの前にはタクシーが沢山並んでるのですが、私は「もうタクシーにぼったくられたくないから、また裏の船に乗って駅まで行って、空港行くね!」と告げると、スタッフ達が、「えっ!!もう日本へ帰るの??バンコク1泊だけ??」と驚いた様子。

私「Yes!!!私の今回の目的は、ここマンダリンオリエンタルバンコクのサービスを受けることだったから」

と、私は踵を返し、みんなありがとう!と伝え、颯爽とトランクをカラカラ引きずりながら、船乗り場に向かいました笑。

そんなこんなで、無事に日本に到着。

今回、マンダリンオリエンタルバンコクでの滞在では、私はお客様側。

いつ、どこへ行っても、笑顔でHello,Madam~

Good evening,Madam~とゆっくりと手を合わせていただき、

何かあたたかみを感じました。

日々サービスマンとしてバタバタと現場で働いている私、

お客様にあたたかい心でおもてなしできているのか、

色々と自分のサービスについて、自省するいいきっかけになりました。

このバンコクへの旅から、サービスマンとしての第二ステージが

始まったそんな感じを覚えてます。まだ何もつかめてないですが笑。

でも、本当に心から行ってよかったなと思える

マンダリンオリエンタルバンコク滞在記でした。

サービスマンとして第二ステージの始まり

令和元年、2019年5月10日、ついにブログを始めました。

平成の時代まで、自分がブログを書くなんて、全く思いもしませんでした。そんな私が、なぜブログを書こうと思ったか。

私は、美味しい物を食べるのが大好きで、かつ、食を通じて色々なお客様とお話しできること、そして自分のサービスでお客様が喜んで頂ける事がとても嬉しく、楽しく、この飲食業界に携わって16年です。

大学での就職活動中も、毎日やる仕事なら自分も、お客様も楽しくなる仕事がよいと思い、この道に進んだのですが、

ここまで来るのにも、そして、こういうふうに思えるまでにも、

本当に色々あったなぁ~としみじみと回想。

なぜかというと、私の仕事は「サービスマン」

知人:「雅美ちゃん、仕事何してるの?」

私:「レストランでサービスやってます」

知人:「えっ!!??大学まで出て、お運びさん?もったいなっ」

私:「食を通じて色んなお客様とお話しできますし、私のサービスで喜んでいただけるのが、とても嬉しく、楽しくて、いつか自分のサービスで何か事業したいなと思ってて」

知人:「サービス??サービスで何やるの?何やれるの?サービスマンで何ができるの?何サービスって」の連呼。

私の仕事=サービスマン=お運びさんとしか、私の田舎の知人達は思えないようです。

そもそも一般的な職種、医者、公務員、税理士、薬剤師などはカテゴリーがありますが、サービスマンという職種はカテゴリーがないので、アルバイトでもできるお運びさんと思われるこの悔しさ。

悔しい事を散々言われながらも、

私自身は、サービスマンという職業は、ホスピタリティの心がないとできない仕事、

そして、目配り、気配り、心配りのプロフェッショナルそう思ってます。

でも、飲食業でのサービスマンって世界に比べて、日本では低くみられる事を多く感じます。それでも、16年サービスマンを続けながら、長年思っている事。

私、サービスマンの地位を向上させたい。特に女性サービスマンの地位が向上できる何か、新しいカテゴリー作りたい!

そして、世の中に自分のサービスで貢献したい!!と。

でも、その長年の思いは、いまだカタチになってないので、人にもうまく伝わらない。サービスで何ができるの??と言われても、うまく答えられない。

そんな長年の思いをブログに書くという事で、徐々に明確化していき、そのはっきり見つけられてない何かが、カタチになるのでは!!と思いブログを書く事を始めました。

そのまだカタチにできてない何かを見つけて、進んでいく過程、ストーリーをこれから綴っていこうと思います。

さぁ、雑草のような田舎出身の私が、どう世の中に貢献できるか!!

どんな事が見つけられるか!!第二ステージの自分探しの旅、今から始めてみようと思います!

Now or Never!!(林先生的に、いつやるの?今でしょ私の好きな言葉の一つ笑。)

ドキドキ、ワクワクしながら、

step by step 一歩づつ、世の中に貢献できること、見つけていきます

(⋈◍>◡<◍)。✧♡