ソムリエール、フランス、ボルドーの地で泣きかける(悲しくて)の巻

ついに、スペインバスク地方、サンセバスチャン、オンダリビアから、フランスへ。

オンダリビアという場所は、目の前がもうフランス

よって、フランスまで電車であっという間。

ちょっとウトウトしてたら、

肩をたたかれ、ここで降りるんじゃない?!もうフランスアンダイエよ!とバスク人のマダム達が起こしてくれた笑。もう着いたの!!??

トランク持ってるしね私、起こしてくれて、助かった!グラシアス😃

パスポート見せるなどもなく、おぉ~っ私、国境越えしたのね!

そして、今回、私は、フランスのボルドー市内から少し離れた田舎のグラディニャンという所に滞在。

そのホテルから、送迎付きで、サンテミリオンというワインの聖地へ、ワイナリーツアーに出かけるという一大イベントが待ってました。

もう楽しみで楽しみで2か月前から予約してたのですもの

(⋈◍>◡<◍)。✧♡。

が、しかし!!!!

大事件勃発!!!

ワイナリーツアー当日、本当にちゃんと迎えに来るのか少し心配してて、

なんとなく、嫌な予感は多少感じてたのですが、やはり、時間過ぎても迎えが来ない。

ホテルのスタッフに、ここに電話してくれる?

ワイナリーツアーの迎えが来ないの、と電話してもらうと、

「あなたは、ホテル送迎ではないって言ってると!!!」

電話代わって、「私、ホテルで待ってるんだけど!どういうこと!!」

「あなたは、ボルドー市内に集合だよ!!もう、今日のツアー出ちゃった、今日は無理だよ!!」と。

この言葉聞いた時の、驚愕、衝撃度合は半端なかった・・・

「明日のツアーに回してあげるよと」言われても、明日はもう、フランスニース。

不可能・・・・

フロントスタッフにくらくらしながら、どうしょう私、ワイナリーツアー行けないよ・・・

どうしょうどうしょう、本当にどうしようと伝えてたら、

もう本当に本当に悲しくなってきて、半泣きの私。

とりあえず、ここから、サンテミリオンの距離、時間、例えばタクシーで行くとなるとなど、色々調べてみてくれたけど、無理だ・・・不可能だ・・・

あーーーーーっ!!

もう、こうしてホテルにいても埒が明かない!

しょうがない!!!!!

せっかくフランス、ボルドーにいる!!とりあえず、どこか行く!!!

そう、言ったら、ホテルスタッフが、わかった!!

バス停まで別のスタッフがすぐ連れていってあげる!と、すぐ連れ出され、

えっでも、私、どこ行けばいい!!??英語の話せるフロントスタッフに聞けないまま、

とりあえず、ホテル出て、バス停に到着するとすぐにバスが来ちゃって、

えっ私、どこ行けばいい??!

その私を連れてきてくれたホテルスタッフおば様、

英語しゃべれない、フランス語で何か言って、笑顔で私をバスに乗せ、

私も全くわからず、調べず、そのままバスに乗っちゃいました。

バスの運転手さんにも、私どこ行けばいい??と、もうかなり焦ってるから、

素っとんきょんな質問してた(;’∀’)(;’∀’)

「I don’t know 」そりゃそうだ。

とりあえず、ワイン勉強したいと、伝えてみた。

そして、運転手さんから、ここで降りて、もう一回、路線バスみたいなのに乗ってボルドー市内行きなと言われ下車。

そして、ボルドー市内上陸。

色々歩いていくと、ボルドーのガロンヌ川沿いには、色々な有名な大聖堂や、綺麗なブルス広場が、全部歩いて行ける距離にあり、ボルドーの街並みを散策、素敵な街~。

そして、ボルドーにシテ・デュバン(ワイン博物館)という所があったので、

そこに急遽行ってみました。

ここは、世界中のワインの歴史、文化、世界中の有名ワイナリーの展示、シアターなど色々あり、かなり近代的で、ワインの魅力が満載。

この外観、ワインのデキャンタのカタチ。

世界80ヵ国のワインや年代物のワインも販売、あとワイン専門の図書館もある。

世界中のワインの中から1杯試飲付き

私は、せっかくボルドーに来たので、ボルドーのポムロールワインを。

ガロンヌ川を見ながら、

少し、ホッとしました。

そして、ボルドー観光も満喫し、バスに乗ってホテル帰ろうと

バスに乗って、しばらくすると、

そう、ここは、ボルドー。歴史あるフランスワインの一大名産地。

むしろ、世界に誇るワイン大国、目の前に、ブドウ畑が広がってきました。

わぁ~っ💛夕暮れとともに、バスからワイン畑を見てたのですが

なんかもう、居てもたってもいられなくなって、私ちょっとここで降ります!!!

知らない地で、突然降りちゃいました。

すると、そこは、綺麗に整備された、あるシャトー

外からぐるっと眺めながら、

まだ6月なので、ぶどうの実は小さいですが、

綺麗に手入れされた畑に、青々と活き活きとした葉の中に生ったブドウ。

この子たちは、どんな美味しいワインになるのかしらと思いをはせ、

ブドウ畑を見てると、

ついに、ここのシャトー名が。

シャトーというのは、フランスこのボルドー地方で、葡萄畑を所有してて、栽培、醸造、瓶詰めなど、ワイン製造を行うワイン生産者の事です。

シャトー・ラミッション・オーブリオン

CHATEAU LA MISSION HAUT-BRION

私の乗ったバスは、ボルドーワイン名産地、グラーヴ地区のペサック・レオニャンという名産地を通ってて、

ここは、シャトーラミッション オーブリオンという赤ワインがかなり有名。

年代ものだと、だいぶよい値段します。

それぐらい、常に第一級格付けにいるワイン。

クラレンス ディロン ワインズ Clarence Dillon Winesというフランスワイン界の名門と言われてる由緒あるところのブドウ畑に降り立てた私。

夕暮れとともに、このワイン畑の景色を見ながら、

今回のこの流れ。

うむ。これは、もうちょっとフランスワインの勉強してからワイナリーに来なさいと、

フランスボルドーの地からそう言われてる気がする、いい意味で笑。

確かに。

よしっ、フランスボルドーでのワイナリーツアーは、もう少し勉強してから必ず、再訪や!絶対戻ってくるから!!と誓いました。

泣きそうに、むしろ半泣きしましたが、結果オーライ、そんなボルドー滞在記でした。

後日、ワイナリーツアー主催の日本の会社と連絡取れて、向こう側のミスもあり、全額戻ってきました。

I ‘ll be back ★☆★(古っ)

“ソムリエール、フランス、ボルドーの地で泣きかける(悲しくて)の巻” への2件の返信

  1. こんにちは、コルティヴァーレに何度か行かせていただいた者です。
    昨日、移転後のお店に行ってきました。
    女性のスタッフの方がいらっしゃらなかったので、もしかして退社されたのかな?と思い、調べてたらここにたどり着きました。

    早田さんは第2のサービスマン人生に向かわれているのですね!
    陰ながら応援しております。

    1. こんにちは✨❗このままブログから返信させていただきます。奥様、元気なかわいい女の子のご家族のご主人様ですね!!!✨元コルティヴァーレ早田です❗在籍の際は、沢山、召し上がっていただきまして(笑)ありがとうございました!!無事に今日ヨーロッパから帰って来たところです!
      最後、何も言えなかった事、私も思い出して。よくこのblogにたどり着いていただけましたね!すごく感動です✨ありがとうございます!
      今後フリーでなにかしら、食、ワイン、サービスでイベントをやって行きますので、良かったら、今後もblogご覧下さい!
      とっても嬉しいご連絡、ありがとうございます!
      奥様にも、是非宜しくお伝えください✨

      早田雅美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です