イタリア女子ひとり旅で衝撃的事件が起きた!の巻

フランスニースから、綺麗な海が続く路線に揺られ、ついにイタリアまで来ました。

ニースの海もやっぱり綺麗

ミラノ経由でフィレンツェへ上陸。

わぁっ!!駅からあの有名なドゥオモが見える!!

ついにあの!あのドゥオモが目の前に!

早速、ホテルに荷物を置いて、地図を片手に散策散策🎶目指すはあのドゥオモ♪

意気揚々と出かけた私に、まさかの大事件が起こるのです。

この小道をまっすぐ行って~♪すると

「Wait wait wait wait wait !!!!」

(ウェイウェイウェイ!!!)

何何!!???

私の前に男が走ってきた。

「俺の大事な絵、今踏んだ!!ほら足跡くっきり付いてる!どうしてくれるんだい、これ大事な貴重な絵なんだ!!」

絵!!!??こちらも、え??

くっきり足跡付いた絵を見せられ、私、本当に全然気が付かなかった、ごめんなさい。ホントにごめんさないと・・・

すると、「弁償して」

私も、申し訳ないなと思って、いくらって聞いたら

「150€と。(18000円ぐらい)」

は??????そんなお金ない、無理と伝えると

「ないならカードでおろして払え!」

すると、もう一人男が近づいてきて、2人で私を囲んで、払え、払えと。

どうしよう、どうしよう、どうしよう、どうしよう、まじでどうしよう。

この時間、18:30ぐらい、あまり人通りがない、二人に囲まれてるから、

周りも見えない、警察、どこにいる、警察署どこ???など思いながらも、

詰め寄られる、払え払えとずっと男2人で私を離さない、どうしていいか全くわからなくて。

フィレンツェに降り立って、1時間で、まさかこんな事が起こるなんて想像してないし。

クレジットカードは、運よく別のとこに入れてる

とりあえず財布出すと、そのまま奴ら、私の財布から70€引き抜いた!!!!

ちょっと!!!!!

私これだけしかない!!!そう言っても奴らはプロ(悪の)

血も涙もない、ディスカウントしてやると・・・・

そしてやっと離れられたから、急いで逃げ、

信じられない、考えられない、こいつらに70€も取られた・・・そう思いながら

そして、5分後、ドゥオモを見上げ角を曲がった所でなんと

ウェイウェイウェイウェイ!!!

「俺の大事な絵踏んだ!!どうしてくれるんだ!!弁償だ!!」

   !!!!!!!!!

はっ!!これ、こうやって観光客をだましてるやつか!!!

と気がついたのですが、

また男2人に囲まれてしまって、

金ないと言っても、本当に奴ら離してくれないし、払え払えとまくしたてられるし、男2人対アジア女性1人

こういう場合、どう対処していいのかがわからなくて、

結局、また

最後の15€と小銭も取られてしまいました・・・

急いでネットでググると、フィレンツェ踏み絵被害が山のように出てきた(;’∀’)

こんな情報、こんな絵踏んで金取られるなんて、想像すらしてない、想定外!!!!

帰り、警察がパトロールしてて、

現行犯逮捕もできないし、金も戻ってこないのわかってたけど、こんな事あったの

なんとかなる?と伝えたけど、踏み絵か・・Sorry・・どうにもならない、とりあえず言いたかっただけ。

さすがにこの日、食も通らず、寝れませんでした。

次の日の朝、ウフィツィ美術館の予約をしてたので、9:00頃ホテルを出発。

昨日と同じ方向、同じ道。

道変えるか考えたのですが、そのまま昨日事件が起きた場所を通ることに。

奴ら、またいた。昨日の奴かはわからないのですが、朝の9:00から

2組やってた。ドゥオモの所にも3組いた。

今回は、客観的に奴らを見てみた。

絶対2人組、そして、めっちゃ品定め、ターゲット見定めてる。女性1人、またはアジア女性2人、弱そうな男性、

そして、人が踏みそうな所にわざわざ絵を置きに行ってる、

ドゥオモの所は、特にみんなやっぱり上、ドゥオモばかり見てるし、

多分、綺麗に足跡が付いた絵を別で持ってるわあれ。

警察来たら、道に置いてる絵をしまって、また次の場所でやるとまぁいたちごっこ怒!!

悪い奴がいるもんだ(# ゚Д゚)ホントに信じられない!!

明るい昼間、情報がある今は、こうして、客観的に見てるとおかしい事に色々気が付く。けど、昨日は、フィレンツェ着いて1時間、夕方、人通りもあまりない場所、

思いっきり観光客のアジア人女性1人対男2人、

これ、何も知らなかったし、恐いし、やっぱり無理だったな・・・

この事件を、日本人のスタッフがいるお店で話してたら、隣の方も20€取られてた。

この前来た学生の子は、ミサンガ勝手に巻かれて200€取られたと。

今、ローマよりフィレンツェが一番被害が大きい街となってるよう。

でも、こんな嫌な思いをしたら、次は間違いなくいい事が起こるはず!!とずっと自分に言い聞かせてました。

するとやっぱりいい事も!!

日本人のスタッフの方のいるお店では、生ハム、サラミ、チーズ、パンなど、沢山食べてと色々持ってきてくれたり、買ったおみあげ全部安くしてくれました。

そして、次の日は、ワイナリーツアー。

なぜか、この日だけ、大嵐の天気予報。なぜこの日だけそれも大嵐の予報??!!

どこの天気予報見ても、大嵐、なんじゃこりゃ(;’∀’)この日以外全部晴れ。

私は晴れ女、本当に私晴れ女なのです。

念願の、ワイナリーツアー、この日はお願い!!雨降らないでと心底祈って参加。

小雨がほんの少しだけありましたが、ほぼ雨降らず

トスカーナ州のモンテプルチアーノのという所

ワイナリーツアーの話はまた次の章で。

トスカーナ州のピエンツァ、大自然の街

このワイナリー観光に一緒にご参加した方々が、また、本当にいい方々で。

その中の1人、ワインに造詣が深い方が参加してたのですが、この方が、なんと、

夜、ちゃんとしたレストランで、ワインと料理をたらふくご馳走してくれたのです!

いやぁ~食べたぁ~そして、飲んだぁ~(≧▽≦)

半分払うと伝えたのですが、じゃぁチップ分だけと。

神だ笑。

いやな事あれば、いい事もある。それが人生。

フィレンツェ上陸してすぐにあんな事件が起こったので、フィレンツェが嫌いになりそうでしたが、もう大丈夫!悪い奴もいれば、いい人も勿論いる。

これも、人生経験ね。

嫌な思いもしたけど、やっぱりここまで来てよかったと思える

ヨーロッパ滞在記、衝撃的事件が起きた!の巻でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です